CRYO GATE

クライオゲート ロースモークマシン/MADE IN GERMANY

コンパクト冷却装置

小型でパワフルロースモークマシン

CRYOGATEは、様々な市販のフォグマシンと組み合わせて、フォグマシンが噴出する煙を冷却してロースモークを作り出す冷却装置です。フォグマシンの噴出口前にCRYOGATEを設置します。サイホン式の液化炭酸ガスをCRYOGATEに接続し、最大42個ある極小ノズルから液化炭酸ガスのシャワーを吹きつけフォグを冷却します。冷却されたフォグは、地面を這うロースモークとなります。
吹き出し口は、直径Φ200mmと太いので、パワフルにロースモークを噴出する事が出来ます。

ベンチュリー効果を活用

CRYOGATEは、ノズルから高速で噴出する液化炭酸ガスから発生するベンチュリー効果を使って反対側にマイナス圧力を作り出し、強力な数十倍となった排気能力で後方からのフォグマシンのフォグを吸い上げ、前方へ噴出します。吸い上げ部分に可動式シャッターを装備しているので、電動で開閉する事で排気能力を調整し、ロースモークの勢いを自在に変える事が出来ます。この機能で、FANは内蔵していませんが、勢いのあるロースモークを作り出す事が出来ます。

メーカーを問わずフォグマシンと併用可能

CRYOGATEと組み合わせて使用するフォグマシンは、LOOK社製品以外のマシンでも可能です。使用するフルードは、cryogateフルードを使用しないとロースモークを作り出す事が出来ませんが、フォグマシンの発煙量に応じて冷却する液化炭酸ガスの噴出量が3段階で可変出来るので、効率よくガスを使ってロースモークを作り出す事が出来ます。コンパクトな装置の組み合わせながら、広範囲をカバーするロースモークを作り出す事が可能です。

タッチパネル操作

LOOKSOLUTIONS社では、CRYOGATEからコントロールパネルにタッチパネルの採用を開始しました。明るく見やすいパネルで、すべての操作や設定がこの画面で可能です。メニューの中には、CO2ガス噴出時間がカウント出来る機能もあるので、CO2ガスの残量計算の目安になります。

本体電源がユニバーサル対応に

CRYOGATEの電源には、自動認識の電源システムを導入した事により、AC100V~240Vの電源に対応していますので、より使いやすくなるとともに、これまで撮影現場ではたまに起こる間違った電源接続による機材損傷も防ぐ事が出来ます。
VIPER2.6と併用する際は、同じAC230Vの電源がCRYOGATEに使用出来ます。

スペック

使用電源AC90V~240V 50Hz /60Hz
消費電力最大65W
使用ガス液化炭酸ガスサイホン管付き(高圧)
推奨フォグマシンVIPER-NT/VIPER2.6
※CRYO FOGフルードを使用の事
制御マニュアル/XLRリモート2.0
DMX512(使用ch数:3ch)
※設定ch:フォグ 設定ch+1:エアー 設定ch+2:CO2
イーサネット(LANケーブル)
ガス消費量レベル 65~129: 1kg/min
レベル130~194: 2kg/min
レベル195~255: 3kg/min
本体寸法全長447mm×幅637mm×高さ270mm
本体重量20.7Kg(高圧CO2ホース含む)